肝臓とニキビの深い関係

お酒は背中ニキビの大敵?肝臓とニキビの深い関係

お酒の飲みすぎは、体に様々な悪影響が出てきますが、実は背中ニキビにも大きく関わってきます。なぜアルコールの過剰摂取がニキビに関係してくるのでしょうか。

 

お酒とニキビの関係

アルコールを過剰に摂取することにより、肝臓の機能が低下してしまいます。肝臓は体中の毒素を分解する働きを行う臓器なので、肝臓の機能が低下してしまうと肌の毒素の分解も行われなくなり、ニキビができてしまうと考えられます。

 

そしてお酒は大きく分けて2種類あります。

 

一つは焼酎やウィスキーなどの糖分をまったく含んでいないもの、もうひとつはビールや日本酒、ワインなどの醸造酒で、こちらはたくさんの糖分を含んでいます。

 

この糖分がたくさん含まれた醸造酒を飲み過ぎると、糖分が体の中で中性脂肪に変わります。そして中性脂肪の一部が皮脂となり肌に出てくることになります。

 

糖分をたくさん含んだアルコールを摂りすぎると、皮脂が過剰分泌を起こし、皮脂が毛穴を詰まらせることとなり、ニキビができてしまいます。また、いくら糖分のないアルコールを選んでも、おつまみを食べ過ぎてカロリーを摂りすぎると、同じ結果を招くことになります。

 

アルコールの過剰摂取は、体の中にあるビタミンB群を大量に消費することになります。ビタミンB群は肌の代謝を助ける働きがあります。アルコールを摂りすぎてしまうと、肌にまでその役割が行き届かなくなり、肌の古い皮脂が生まれかわることができず、ニキビの原因につながります。

 

 

このような影響の他に、アルコールの過剰摂取を行ってしまう人は、夜遅くにアルコールを摂取するなど不規則な生活になってしまいがちです。アルコールを摂ってから寝ると、質の良い睡眠もとれなくなってしまいます。

 

肝臓,ニキビ,お酒

 

適度にお酒を飲むことは、ストレスを発散できたり、血行が良くなったりとメリットも見られますが、その目安としては1日にビールをグラス1杯くらいがよいとされています。体のためにも肌のためにも、飲み過ぎには十分注意しましょう。

 

 

しじみサプリ比較

トップへ戻る