お酒の飲み過ぎはB型肝炎になりやすい

お酒の飲み過ぎはB型肝炎になりやすいって本当?

肝臓はとても大切な臓器ですが、時には肝炎を引き起こしてしまうこともあります。
そして肝臓も重篤な症状となると肝硬変、肝臓がんになることもあり、こうなると改善はかなり難しくなってしまいます。

 

肝臓が悪くなるというとお酒の飲み過ぎというイメージもありますが、大量にお酒を飲んで肝臓を悪くするということはそれほど多いことではありません。
肝臓がんの原因となるのはB型肝炎などの肝炎ウイルスが多いとされています。

 

B型肝炎

 

B型肝炎ウイルスに感染してしまう原因としては出産したときに母子感染する、そして性行為で感染する、感染者の血液に触れてしまうなどがあります。
さらにピアスの穴明けやタトゥーなどでも感染するおそれがあるとされています。

 

そして、こうした肝炎に感染してしまっている場合も初期のころはほとんど症状が出ませんので、感染に気付いていない人も少なくありません。
気づかない間に進行していることもありますので、特に変わった症状はなくても定期的に血液検査を受けておくこともおすすめです。

 

B型肝炎は自然治癒することもありますが、ときには慢性肝炎へと移行し肝硬変、肝臓がんへと発展してしまうこともあります。

 

早期に治療をすることが大切ですので、体調に異変があるときは放置せずできるだけ早く診察や検査を受けましょう。
治療では肝臓の機能を安定させる薬や抗ウイルス薬、インターフェロンなどが使われます。

 

B型肝炎はお酒が原因で起こる肝炎ではありませんが、やはり普段からお酒を飲み過ぎている人は肝臓にも負担がかかり、肝炎などの症状は起こりやすい傾向にあります。

 

お酒で感染しないからと油断せず、健康な肝臓を保つためにもお酒は適量を守りましょう。

 

そしてすでに慢性肝炎となっている人の場合はお酒はできるだけ控えるようにし、疲労をためないようにすることも大切です。さらに体重を適正に保つこと、適度な運動を保などで体を良い状態に保ち、進行を抑えていきましょう。

 

 

しじみサプリ比較

トップへ戻る