お酒が肝臓機能を低下させる原因

お酒が肝臓機能を低下させるのはなぜ?

肝臓の大きな役割は、胃や腸で吸収された栄養素を分解して、身体の中のいろいろな部分で使えるようにと作りかえるという働きがあります。そして肝臓というのは食事などで得た栄養を蓄えておいたり、脂肪の消化や吸収を助けるために必要な物質である胆汁をつくったりといった働きがあります。

 

常に働き続けている肝臓ですが、特に重要な働きが身体の中に入ってきた有害な物質を分解して、身体に害のないものに変えて、それを身体の外へと排出するという機能です。

 

つまり肝臓というのは身体にとって良くない有害物質を解毒してくれるフィルターの役割もあるのです。

 

肝機能が低下してしまうと、これらの機能がうまく働かなくなってしまう肝脂肪や肝炎、肝硬変などといった病気になってしまうリスクが高くなってしまいます。

 

お酒,肝臓機能低下,原因

 

肝臓は肝機能が低下してしまっても、痛みなどの自覚症状がなかなか出てこないので、沈黙の臓器とも呼ばれています。本当に限界まで何の症状もなく働いてくれるので、いざ症状が現れた時にはかなり状態が悪化してしまっているということも珍しくありません。

 

ですから日頃からのケアが重要になってきます。

 

特に肝臓にダメージを与えるものがアルコールです。

 

アルコールは身体にとっては有害な物質であると判断されるので、肝臓はアルコールが体内に入ってきたら懸命に分解しようと働きます。このアルコールが分解されるとアセトアルデヒドという物質になり、そして酢酸に変化して二酸化炭素になって身体に無害になったら身体の外へと排出されていきます。

 

お酒,肝臓機能低下,原因

 

しかしこういった働きを肝臓がしているのと同時にアルコールは肝細胞を破壊してしまい、さらにはアルコールが変化したアセトアルデヒドも肝細胞を壊してしまう動きがあるのです。

 

多少のアルコールではそこまでダメージを受けることはありませんが、毎日多量のアルコールを摂取していると肝臓を休ませる暇がなく、どんどんと肝細胞が攻撃されてしまい肝機能を低下させてしまうのです。

 

たまには休肝日を作るなどして肝臓を休めてあげるのも大切です。

 

トップへ戻る