お酒が抜けない時に役立つ3つの方法

お酒が抜けない時に役立つ3つの方法とは?

若い頃はお酒を飲んでも体調に影響はなかったのに、ある程度の年齢になると二日酔いがなかなか抜けなかったり、お酒に弱くなったと感じることもあります。二日酔い等の症状が現れるのは、アルコールが分解される際に発生するアセトアルデヒドが体内に残るからであり、このアセトアルデヒドは頭痛や吐き気、喉の渇き等の様々な症状を引き起こします。

 

アルコールが抜けない原因としては、肝機能の衰えやアルコール分解酵素の減少が挙げられます。

 

肝臓は疲れが溜まっていたり強いストレスを受けたりすると機能が衰えるものであり、その時々の体調に影響を受けるものです。アルコール分解酵素は年齢と共に減少するものですので、若い頃よりもお酒が抜けないのは当然のことです。

 

対処方法としては、アルコールの分解を促進させるためにたくさんの水分を摂取しなければなりませんので、スポーツドリンクを飲むのがお勧めです。

 

アルコール抜く方法

 

アルコールの分解には水分だけでなく糖分も必要ですので、水よりもスポーツドリンクの方が適しています。反対に飲むのを避けたいのは、お茶やコーヒーといった利尿作用のあるものです。利尿作用のあるものを体内に取り入れると、アルコールを分解するための水分が更に減って症状が長引きます。

 

また、肝臓の働きに良い作用をもたらすと言われているしじみを摂取するのも有効です。しじみに含まれるタウリンは、アセトアルデヒドの分解を促進させます。お酒を飲む機会が増えたら、しじみ汁やみそ汁にして取り入れる人も多いようです。

 

 

最近ではサプリメントを摂取する人も増えています。このサイトで紹介してるしじみ習慣はテレビCMでも有名です。しじみ習慣は、お試しは無料サンプルなので手軽に申し込めるので飲んだことがない方は試してみるといいでしょう。

 

その他、しっかりと睡眠を取ることも良い方法です。体を休めている睡眠中には肝臓の働きが活発になります。そのため、たくさん眠るとその分アルコールの分解が進みます。頭痛や吐き気で眠れない時でも横になってるだけで効果はありますので、なるべく体を休めるようにすることが大切です。飲酒後だけでなく、飲酒前にもしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

トップへ戻る